「世界で戦える標準必須特許」をプロデュースするファイン総合特許事務所

〒211-0005 神奈川県川崎市中原区新丸子町768-11-201

担当:梶田(かじた)

E-mail:info@fine-ip.com

お気軽にお問合せください

044-455-6222

受付時間:9:30~17:00 (土日祝は除く)

ごあいさつ

正面165.jpg

弊社のロゴマークです。

代表者ごあいさつ

ホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

(株)ファイン標準特許コンサルティングおよび

ファイン総合特許事務所

は、以下の分野を対象に、出願権利化、他社への権利行使補助、パテントプールへの申請、他社警告対応、特許売買/オークション参加時のクリアランスについてのご依頼を受任しております。

 ・無線通信技術(5G / LTE / LTE-advanced / LTE Advanced Pro. / IoT)

 ・コーデック技術(MPEG2-system, H264/AVC, H265/HEVC)

 ・コンテンツ配信やスマホアプリゲームなどのネットワーク/ソフトウェア関連技術(5G/ IoT / FinTech)

となります。

 特に、標準必須特許の作りこみ必須特許の無効調査・必須評価に自信があります

 弊社のビジネスモデルは、特許権利化までではなく、権利化後の工程に強くコミットしています。弊社の理念を一言で示すのであれば、トロール対策による事業防衛をサポートしていくことです。

 代表弁理士は、ドコモ、パナソニック、特許事務所で15年間にわたり、研究開発者として出願した自らの発明を知財部門に移って必須特許となるように権利化し、さらには、パテントプールへの申請や、他社特許交渉など、一貫して、モバイル関連の標準化知財に携わってきました。その中で、外国企業やトロールからの理不尽とも思える権利主張を受け、図らずも不利な契約とならざるを得ないこともあり、非常に悔しく、歯がゆく感じ続けてまいりました。このように似たような状況にある企業を少しでもサポートしたいと考え、この会社を興すにいたりました。

 これまでの経験におきまして、技術と知財のプロの視点で、大量の発明の中から見込みのあるものを発掘し、活用できる権利に磨き上げてきました。お客様の過去の資産を最大限活用するために、過去の特許群を目利きし、世界で戦える標準必須特許ポートフォリオを構築し、コストと稼動の選択と集中を図ることも可能です。 

 また、企業知財部と特許事務所の双方を経験しているため、企業知財部の思考スキームをふまえて、先読みして行動し、お互いがレベルアップし共存共栄がなしえるよう、最善を尽くします。

当特許事務所のサービスが御社のお役に立ちましたら幸いです。

弊社の強み

  • 必須特許の無効化(非特許文献(寄書)調査)
  • 標準必須性の簡易評価(短納期&低コスト)

詳しくはこちらをクリック

行動ポリシー

圧倒的なスピード感をもって取り組みます!

出願であれ鑑定であれ、スピードは何にも勝る付加価値です。他社からの警告状や、特許売込などの場合、できるだけ速やかに、ある程度の確度をもった見解が必要となるでしょう。このような事態に対応すべく、膨大な数の必須特許評価で培われた圧倒的なスピード感をもって、必須評価、無効見解をご提供いたします。

また、急遽決定した標準化提案においても、提案内容に可能な限りのプラスアルファを盛り込んだ上で早期出願を実現いたします。なお、代表弁理士は、2009~2011年度の知的財産協会(特許第1委員会、2011年度 副委員長)にて、PPHや標準化特許の早期権利化戦術を研究しており、国内外における早期権利化のエキスパートです。

活用を見据えて中間処理を行います!

持てる知財を収益化していくためには、出願時はもちろんとして、中間処理時におけるクレームの作りこみが重要となります。そのため、早い段階でクレームチャートを作成し、これを指針として中間処理を進めることで、効率的かつ確実に、ターゲットを含むような権利を取得できます。

標準化技術に関する特許は、標準規格にクレームを合わせこむことでパテントプールにて収益化が可能となるほか、インプリ特許を含めた他社との特許交渉、技術提携交渉においてその威力を発揮できます。

定期的な棚卸により、収益化をサポートします!

眠ったままの資産である過去に出願した特許、登録された特許を目利きし、筋のよいものを選別して”使える特許”として磨きあげることで、人・モノ・カネの選択と集中が可能となります。

棚卸は、急な他社特許交渉、パテントコールなどにおいて、交渉材料としての特許数を補充できるなど、棚卸は、即効性が求められるときに最適な施策となります。

サービス概要

当事務所のサービスのご案内です。詳細はお問い合わせください。

必須特許評価サポート

他社とのライセンス交渉から自社ポートフォリオの強化まで、さまざまな場面で必須特許評価サポートを行わせていただきます。

詳しくはこちら

棚卸・必須化サポート

過去出願(登録)を発掘し、ターゲット(イ号:標準規格など)に整合するように補正して、クレームチャートを作成します。

詳しくはこちら

早期・権利化サポート

標準規格確定/パテントコール/他社警告時など、必要なときに最短で権利化します。
※他事務所代理案件でも対応可能です。

詳しくはこちら

出願・収益化サポート

出願からパテントプール必須判定申請まで、トータルでサポートします。

詳しくはこちら

駐在・顧問サポート

企業知財部にて長年の経験を有する弁理士が定期的に駐在し、リエゾン活動、発明創出活動など、知財業務を全面的にバックアップ致します。

詳しくはこちら

セミナー開催サポート

技術者に対する知財啓蒙や、知財部員に対するセミナーなどを行います。また、定期的に開催する自社開催セミナーについてお知らせします。

詳しくはこちら

コストポリシーについて

当特許事務所における費用についての考え方についてご説明いたします。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

044-455-6222

受付時間:9:30~17:00(土日祝祭日は除く)
担当 : 梶田(かじた)

お役立ち情報

標準必須特許にまつわるお役立ち情報です。ご参考にしていただければ幸いです。

標準化と特許の関係

標準必須特許とはどのような特許で、どのように取得し、活用していけばよいのかについてご説明いたします。

早期出願戦術 

標準必須特許特有の処理として、早期出願があります。
ここでは、早期出願のための留意点、テクニックについてご説明いたします。

クレームチャートの重要性

クレームチャートは、クレームの構成要件ごとに、イ号との関係を対比させて説明した表です。イ号は、クレームチャートの用途(必須性証明、特許性無効資料など)によって決まります。

お問合せはこちら

044-455-6222

info@fine-ip.com

依頼するかどうか決まっていない段階でのご質問も大歓迎です。遠慮なくお問い合わせください。

お問合せはこちら

サイドメニュー

会社・事務所概要

株式会社ファイン
標準特許コンサルティング

ファイン総合特許事務所

044-455-6222

044-455-6367

info@fine-ip.com

住所

〒211-0005
神奈川県川崎市中原区
新丸子町768-11-201

受付時間

9:30~17:00
(土日祝祭日は除く)

対応地域

神奈川県(川崎市)、東京都、
埼玉県、千葉県、静岡県を
はじめとして、日本全国対応

事務所概要はこちら