「世界で戦える標準必須特許」をプロデュースするファイン総合特許事務所

〒211-0005 神奈川県川崎市中原区新丸子町915フコク生命ビル4F

担当:梶田(かじた)

E-mail:info@fine-ip.com

お気軽にお問合せください

044-455-6222

受付時間:9:30~17:00 (土日祝は除く)

弁理士紹介

当事務所の弁理士を紹介いたします。

代表弁理士

DSCF15102.jpg

<氏名>

梶田 邦之(かじた くにゆき)

<資格>

2005  弁理士登録(登録番号:14151)

2008  一級知的財産管理技能士(特許専門業務)

2009  特定侵害訴訟代理付記登録

2012  経済産業省後援ドリームゲート認定アドバイザー

<所属>

日本弁理士会(2005〜現在)

日本知的財産協会(2009年度〜2011年度 特許第1委員会(2011年度:副委員長))

(特許庁主催)特許性検討会(2009年度)

(経済産業省主催)標準必須特許(SEP)研究会(2013年度)

<職歴>

1997-2000  松下通信工業株式会社
  (現 パナソニックモバイルコミュニケーションズ株式会社)
2000-2005  同社知的財産部に異動
2005-2008  都内特許事務所
2008-2012  株式会社NTTドコモ

2012.4より現職

<職歴詳細>

  • 1997−2000  松下通信工業株式会社
          (現 パナソニックモバイルコミュニケーションズ株式会社)
     第3世代の移動体通信技術W−CDMA方式を用いた携帯電話のものづくりを夢みて、同社の移動通信を研究する テレコム研究所を希望し、配属される。研究所では、3gppにて策定された国際標準規格にしたがって、W−CDMA移動機のベースバンド回路の設計開発に従事。特に、変復調、誤り訂正などを担当し、在職中、国内外で50件以上の特許出願。
  • 2000-2005  同社知的財産部に異動
     同社の規格特許の件数を増加させるため、希望により、同社知的財産部に異動。研究所時代の経験、知識、人脈を活かして、同社のW−CDMAに関する数千件の特許について見直し、筋の良い発明を目利きして、早期権利化を実施。在職中、国内外で50件以上を登録させ、事業部長賞を受賞。登録特許について、クレームチャートを作成し、権利活用につなげ、その後の同社知財部収支を大幅に向上。
  • 2005-2008  都内特許事務所
     企業知財部で得た「活用できる特許の作り方」の経験を踏まえ、弁理士としてさらに能力を磨くため、都内の特許事務所に転職し、電気、情報通信、ソフト系の明細書作成、中間処理業務に従事。また、各種国際標準規格に関する特許のクレームチャートの作成、ならびに、必須判定業務に従事。
  • 2008-2012  株式会社NTTドコモ
     企業知財部と特許事務所とで得た知識・経験とを活かして、次世代の移動体通信技術 LTE方式に関する標準化特許のポートフォリオ形成をプロデュースするため、携帯キャリア会社に転職し、 知的財産部に配属。在職中、LTE関連特許の棚卸し、早期権利化を実施し、国内100件超を規格特許として登録させ、クレームチャート を作成した。その他、LTEの次期規格であるLTE−Advancedに関する発明の早期出願などを担当。

<著作>

  • 弁理士短答式枝別問題集(2)実用新案法 法学書院
  • 弁理士短答式枝別問題集(3)意匠 法学書院
  • 弁理士短答式枝別問題集(5)条約 法学書院
  • テレワーク学会誌 「テレワーカーのための知的財産権入門」
     

<論文>

  • 特許第1委員会 第1小委員会
    「特許出願・審査制度の戦略的利用について」
    知財管理 VOL.60 No.11 pp.1839-1849 (2010)
  • 特許第1委員会 第1小委員会
    「標準化特許の効果的な出願・権利化戦術についての一考察」
    知財管理 VOL.61 No.12 pp.1815-1832 (2011)
  • 梶田 邦之, 小林 弘幸, 村松 正吾, 山田 昭彦, 貴家 仁志,
     “Householder分解を用いたオーバサンプルパラユニタリDFTフィルタバンクの一設計法,” 電子情報通信学会 ディジタル信号処理研究会, no.DSP95-133, 1995年12月.
  • Kuniyuki KAJITA, Hiroyuki KOBAYASHI, Shogo MURAMATSU, Akihiko YAMADA, and Hitoshi KIYA,
     “Design Methods for Oversampled DFT Filter Banks,” Proc. International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,
    July 1996.
  • Kuniyuki KAJITA, Hiroyuki KOBAYASHI, Shogo MURAMATSU, Akihiko YAMADA, and Hitoshi KIYA,
     “A Design Method of Oversampled Paraunitary DFT Filter Banks Using House-Holder's Factorization,” Proc. EURASIP European Signal Processing Conference, September 1996.

PPHユーザセミナー_200px.jpg

<セミナー実績>

2012.2  特許庁主催 「PPHユーザセミナー」
※日本知的財産協会特許第1委員会副委員長として、日米中の特許庁関係者らと講演

2012.5  自社開催セミナー
「強いクレームチャートをうまく作る方法」 

2013.10  標準必須特許(SEP)研究会
SEP権利化の現場から:SEPたりえるための条件−これだけは知っておきたいSEP

※上記セミナーで用いた資料をご希望の方は、
info@fine-ip.com
まで、以下をご連絡ください。

  • 会社名
  • 組織名
  • お名前(ふりがな)
  • ご希望の資料

勤務弁理士:パートナー 松山 浩也(まつやま こうや)

<資格>
2003年 弁理士試験合格(登録番号17219号)
2010年 応用情報技術者試験


<所属>
日本弁理士会(2010~現在)


<学歴>
東京工業大学大学院 理工学研究科


<職歴詳細>
・電気メーカーの知財部門にて、ライセンス契約業務に従事。
・コンサルティング会社にて、業務改善・システム計画・調査等に従事
・都内特許事務所にて、無線通信(LTE系、WiFi系)の標準化提案に係る出願権利化業務に従事


<経験分野>
無線通信、電気、ソフトウェア

 

<代表弁理士からの一言!>

・LTE、WiFiなどの標準化技術のエキスパートで、弊社のエース的存在です。

・豊富な技術知識、経験に裏打ちされた寄書調査(無効調査)、必須評価の実力は業界屈指!

・オフェンス側/ディフェンス側の立場、活用用途に応じて柔軟にコメントを作成します。

勤務弁理士:福澤 昌俊(ふくざわ まさとし)

・<資格>

2014年 弁理士試験合格(登録番号20137号)

 

<所属>
日本弁理士会(2015~現在)

 

<学歴>

筑波大学大学院 システム情報工学研究科


<職歴詳細>
・都内特許事務所にて、主に、

  電気分野、コーデック(画像圧縮)分野

  構造系、材料系、化学系分野

の権利化業務に従事。

 

<経験分野>
ソフトウェア(ネットワークゲーム)、情報通信、電気、構造、材料

 

<代表弁理士からの一言!>

・通信系、標準化業務未経験からの出発でしたが、入社1年足らずでお客さんから指名がくるほどになりました。

・今後は、コーデック(画像圧縮)系の標準業務を中心としたパートナーとなるべく、頑張っていって欲しいです。

勤務弁理士:森谷 哲朗

<資格>

2018年 弁理士登録(登録番号21547号)

 

<所属>
日本弁理士会(2018~現在)

 

<学歴>

筑波大学大学院 システム情報工学研究科


<職歴詳細>
・通信系企業にてエンジニア職に従事

・特許庁審査四部 デジタル通信部門にて、特許審査業務に従事。

  特に、標準化会議の寄書を自ら調査するなどして、拒絶理由通知を起案。

 

<経験分野>
情報通信(無線ネットワーク、有線ネットワーク)、ソフトウェアなど

 

<代表弁理士からの一言!>

・これからのOA対応の増加、特許調査業務の増加を見越した即戦力採用です。特に、標準寄書の調査の経験も豊富とのことで大きな期待をしています。

・今後は、明細書作成などの経験も積んでもらい、5G標準業務スペシャリストとして頑張っていって欲しいです。

勤務弁理士:辰川 肇

<資格>

2010年 弁理士登録(登録番号16910号)

 

<所属>
日本弁理士会(2010~現在)

 

<学歴>

東京大学大学院 工学系研究科 機械情報工学専攻


<職歴詳細>
・通信系企業にてエンジニア職に従事

・コンサルティング会社にてコンサルタント職に従事

・都内特許事務所にて、無線系(LTE、5G)、Codec系(HEVC等)の標準化提案に係る出願権利化業務に従事。

  特に、国内S社のビデオコーデック’HEVC/FVC)や世界最大手のE社向けユニットリーダとして、標準向け特許出願、審査対応実務を統括。

 

<経験分野>
無線系(LTE、5G)、Codec系(HEVC等)、情報セキュリティ、FinTech、ソフトウェアなど

 

<代表弁理士からの一言!>

・2大標準技術である無線系とCodec系の双方について豊富な経験を持っており、即戦力として大きな期待をもっています。

・5Gに向け益々増加傾向にある標準業務をリードし、将来的には、事務所のまとめ役として活躍していって欲しいです。

弁理士:菊地 公一

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

<資格>

2004年 弁理士試験合格
 

<所属>
日本弁理士会(2004~現在)

アジア弁理士会(APAA)

国際特許法務研究会(INFOPAT)

 

<学歴>

東海大学大学院 工学研究科 


<職歴詳細>
特許事務所にて国内特許、外国特許の権利化業務に従事し、実務経験を積む。
・大手電機メーカ中央研究所から指名で案件を受任。
・米国特許研修、特許翻訳会社執行役員を経て個人特許事務所、翻訳会社を設立、経営。

・標準化業務に従事すべく、2018年1月に弊所に「従たる事務所」登録し、参画。

 

<経験分野>

通信、画像コーデック、制御・計測、情報システム(コンピュータシステム、画像処理)など

 

<個人事務所における受任分野>

・2016年初め頃まで通信分野等の代理案件有り。現在は、実質的(*)に関与していない。

 (*)分割出願等で代理人として名前が残っているものが数件存在する。

・2018年1月現在、弊所受任案件との間でコンフリクトとなる案件の代理は存在しない。

 

<代表弁理士からの一言!>

・通信系(LTE等)、画像コーデック系の専門家であり、また、翻訳、外国特許実務のエキスパートが弊所に参画してくれました。今後は、標準化特有の活用フェーズを見据えたプロセキュ―ションを中心に活躍してもらいます。

・2018年1月時点においては、まずはお試し的な「従たる登録」ですが、将来的には、外国実務を統括するパートナーになってもらえるとうれしいです。

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

044-455-6222

受付時間:9:30~17:00(土日祝祭日は除く)
担当 : 梶田(かじた)

お問合せはこちら

044-455-6222

info@fine-ip.com

依頼するかどうか決まっていない段階でのご質問も大歓迎です。遠慮なくお問い合わせください。

お問合せはこちら

サイドメニュー

会社・事務所概要

株式会社ファイン
標準特許コンサルティング

ファイン総合特許事務所

044-455-6222

044-455-6367

info@fine-ip.com

住所

〒211-0005
神奈川県川崎市中原区
新丸子町915
フコク生命ビル4F

受付時間

9:30~17:00
(土日祝祭日は除く)

対応地域

神奈川県(川崎市)、東京都、
埼玉県、千葉県、静岡県を
はじめとして、日本全国対応

事務所概要はこちら